LLPを既に設立してしまった、LLPで既に事業をしている方へ

既にLLPを設立、利用している方もLLPスキームを見直してみることで、タックスコストを減少させることができる可能性があります。

税金は、課税範囲、課税期間、課税時期の3つの要素で決定されます。

例えば、LLPの決算期は課税時期の決定です。

LLPスキームに修正を加えることで、効果的な節税が可能になったりします。


また、LLPの実行管理も大事です。

実行管理のなかでも、期中のLLPから構成員への資金還流は大事な勘所になります。

このようなキャッシュマネジメントも御社のために助言いたします。

▲このページのトップに戻る